代表挨拶

GREETING

私たちココナラが創業以来変わることなく掲げるビジョン、「一人ひとりが『自分のストーリー』を生きていく世の中をつくる」。

これは、会社設立よりも前どころか、ココナラのプロダクトアイデアすら生まれていない時期に、創業メンバーの世の中に対する思いを言葉にしたものです。

大きなシステムの中で生きる閉塞感や、失いつつある人と人との手触り感、そしてその結果あふれる他人ごと感。

そんな世の中に対して「誰もが自分の興味関心を軸とした小さなシステムを自ら作れるようにしてあげたい」「お互いの生活をよくするために、生活に役立つものを交換し、感謝し合う、そんな当たり前の手触り感があるような世の中にしたい」、そんな思いから生まれたビジョンステートメントでした。

その後、生まれたココナラは、スキルのマッチングプラットフォームとして、多くの方の人生が変わるお手伝いをできるところまでやってきました。

でも、まだまだこれから。まだ、始まったばかり。

皆が、自分の得意で誰かの役に立ち、自らも学び、いきいきと「自分のストーリー」を生きていく。
そんな世の中の実現を目指し、私たちココナラは挑戦を続けていきます。

ココナラはスキルのマッチングプラットフォームとして、あらゆる人が活躍できる仕組みを創出します。そのためにココナラが大切にしていることをいくつかご紹介します。

第1に、「あらゆる人に機会を」。私たちはすべての人が、意志さえあればいつでも社会とつながり、活躍できる世の中にしていきたいと考えています。ココナラは、プロからアマチュアまで全てのスキル提供者を、そしてプライベート利用からビジネス利用まで全てのスキルの享受者を含む、あらゆる人を見据えた価値提供にこだわります。

第2に、「制約からの解放」。住んでいる場所や活動できる時間、あるいは定年・結婚・出産・独立といった環境の変化など、人は生きていく上で様々な制約に直面します。しかしながら、機会さえあれば、そして多様な価値観を持つ人とのつながりさえあれば、人は誰でも自分らしく自由に活動することができると考えています。私たちは、個の可能性を信じ、こういった一切の制約をテクノロジーの力で取り除いていきます。

最後に、「フェアな取引の実現」。オンラインで様々なマッチングが成立する中で、時として個々人が持っている情報やリテラシーの差が原因で、フェアな取引が阻害されることがあります。しかしながら私たちは、どのような取引においても安心してご利用いただける仕組み作りにこだわります。ココナラは、情報の可視化やサポートを通じ、誰でも簡単に必要な情報を得られ、対等なやり取りができる場を構築していきます。

世の中は、個人と社会のつながり方が多様化し、より自由に、より自分らしく生きていけるようになりつつあります。そんな中、ココナラは一人ひとりのストーリーを演出するパートナーになれるよう、これからもあらゆる人の可能性をどこまでも信じ、応援し続けます。