社員インタビュー

開発基盤グループ
グループマネージャー

上杉 隆史Takashi Uesugi

ビジョンが一致したから入社した

もうかれこれ20年ほどエンジニアをしています。前職の会社で立ち上げたサービスは楽天に買収され、統合を果たしました。楽天では当該サービスの、エンジニアや、プロデューサ、デザイナを含む、開発サイドの組織マネジメントのトップとしての仕事を行っていました。
楽天は私にとって申し分のない会社でした。日々学ぶことも多く、収入を含めた福利厚生にも満足していました。私が「なぜココナラに転職したのか?」と聞かれたなら、こう答えています。ココナラの掲げる「一人ひとりが『自分のストーリー』を生きていく世の中をつくる」というメッセージと「自分の理想とする社会」が重なったからです。と。

自分らしく生きていくことができる社会を実現する

「自分の理想とする社会」は、個がもっと力を持ち、自由に生きれる社会です。私は会社でみんなと働くのが好きなタイプの人間ですが、そうでない人もいます。いわゆる「属す」ということが肌に合わない人たちでも社会活動に参加して、自分らしく生きていくことができる社会を実現することが、私の夢です。
誰もが自分の得意を生かし、コラボレーションによって社会を作っていく。そんな社会を作っていけるのが「チームココナラ」の魅力だと思います。

個々の強みを活かして成果を出せるチーム

私の仕事は、ココナラを最高のチームにしていくことだと考えています。
一人の天才が組織を引っ張っていくのではなく、チームのメンバーが、それぞれの強みを活かし成果を作っていくことです。ココナラ入社直後、エンジニア全員と1 on 1を行いました。そこで確信したこと、それは「助け合う文化」がすでにあることでした。他者を尊敬・信頼し、謙虚さを持ちながら、チームプレーを行うことができる文化がすでにあると感じました。
加えて、ココナラはエンジニアだけの組織ではありません。「チームココナラ」はエンジニアだけでは成り立ちません。ココナラのビジョンは「ココナラの中の人」全員で達成していくものです。開発において深い関わりのある、デザイナー、プロデューサはもちろんのことカスタマーサクセスや、バックオフィスのメンバーとのコラボレーションによって成り立っています。
私たち「チームココナラ」は役割も、個性も違うメンバーが、同じ理想を共有し、実現していくためのチームです。
一歩一歩ではありますが、理想を実現していきたいと思います。

上杉 隆史 プロフィール

千葉大学卒、金沢工業大学大学院修了。サイバーエージェント、VOYAGE GROPE、DeNAなどでエンジニアを務めたのち、日本初のフリマアプリ、フリル(現ラクマ)を開発していたFablicにVPoEとして参画。Fablicと楽天の合併により、楽天にて開発マネージャを務める。2020年2月より現職。